<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

7年1ヶ月30日目*
腰を痛めて帰宅した息子は
病院へ行けと言われても・・


即答「無理」と返す有様


原因を知らなければ 悪化させてしまうので
枕元で事情聴取をし


嗚呼〜こりゃ・・
冷えに因る腰痛だなと判断して


身体の中と外からの
あっため作戦を決行


室温24度の蒸し暑さで
息子のお部屋へ入れば 滝汗・・みたいな


なのに 息子は 汗さえかけず


どんだけ 冷えてんねん・・と


とにかく あっためて 筋肉を緩めて
血行を促すを続けること数日


かなりの回復をみせた処で
万が一に備え さらしを巻いてやり
整形外科を受診させた


軟骨が磨り減っているらしく
でも 歳を取れば 誰でも こうなると言われ
↑可愛かった息子も おっさん化(笑)


温めて 筋肉で 腰を持ち上げるようにしましょう
と 指導され


疑いの目で オカンを見ていた息子は


お医者様からも同じことを言われ


帰宅してからは
蒸し暑いお部屋で 我慢するようになった


受診するまでは
汗もかけないくせに 暑い 暑いと 煩いわ
ストーブは 勝手に消すわ


阿呆か こいつ・・と
思っていたけれども


素直になったので 許す


お仕事をお休みの間に
ミズノの腰部骨盤ベルトを準備してやり


今日から ベルトをしめて
お仕事を再開


一週間は 一日三時間ずつの勤務
デートの日以外は
お家から お弁当持って 通勤(*=ω=)遠い目


多分 後一週間
先が見えて ほっとして


おちびちゃん達とまったり過ごす幸せ♪を
満喫中!


今の 気分は 春すっス♪o(・`ω´-+) ---☆wink


ホンジツモ・・


生姜の大量体内投下で御座います


ふふっふふふふふっ



7年1ヶ月24日目*
昨日の夜
息子が顔面蒼白で秘密基地より帰還


なんてこったにゃ・・と
腰をやられたらしい


歩くのんも必死な感


動けなくなる前に行動!を厳守し
帰宅したのんは 褒めてつかわすけれども


オカンしてやれるのかと
不安が超高速で過ぎって行った


まぁ もう 病巣部は取ってしまったし
後は 出血が止まるのんを待つだけで


なんとかなるかもと


ヘルパーさんにお断りを入れて
消毒は 息子にして貰うこととして


無理は厳禁で
頑張ってみることにした・・


息子のためは
私のリハビリになって


誰かに甘えて過ごすよりも
回復が早く出来るかもしれない


気合よね・・気合・・
根性入れてみっかな


オカンの名に掛けて
息子を早期離床させるぞーーーッ!



7年1ヶ月22日目*
退院した・・


入院初日から三日三晩 高熱にうなされ
意識朦朧として


しんいちさん しんいちさんと名前を呼び続けた
・・らしい


一切 記憶にないけれども・・


院内有名人になってしまった(*´ェ`*)ほよっ♪


私が高熱に見舞われ
冷却シートにくるまれている頃


巷では 大雪で 大変だったと
後に聞いて


私の人生は やっぱし 世間様とは
逆行タイプなんだなと確信した


今回は 背中を切開し
大きな膿袋を取り出し


今 尚 出血中とあって
暫くは ヘルパーさんにお手伝いして貰いつつ


生活をすることになる


なにはともあれ・・


家族や おちびちゃん達と一緒にいられることが
幸せである


ほんに 泣ける程の幸せである


ずっと 続いてゆきますように


rin rin LINK

Thank you for finding..

Welcome to 極楽蝶花
Happy moments with you..
I wish you.





* Time Machine *
花戀*の季節
2006.2.6〜2009.2.4


* 永久の誓いから・・*


Link
 ちょっと寄ってく?!



Link Part 2

Photograph





























Hand in Hand

one for all
all for one
never give up!




JWordクリック募金


あの日から・・

Archives


Freedom






 RSS1.0

qrcode